スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンニョン(元気?)

今日は、生徒の作品を紹介します

本日(10月18日)広島市東区民文化センターで「東区青少年健全育成大会」が行われ本校、高級部3学年のソ・チャンスくんが意見発表をしました。

その時の原稿をここで紹介します。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

                    アンニョン(元気?)
 
                       広島朝鮮初中高級学校 高級部3年 徐彰秀
EPSON001.jpg

 今までの僕は、自分のことしか考えない心の弱いわがまま野郎でした。

 学校を「行くのがしんどいから」という理由だけで何ヶ月間も休んでいたからです。
 私のこの身勝手な行動によりいろんな人に迷惑をかけてしまいました。
 みんなで学校に通おうと呼びかけるクラスの出席率を下げてしまい、それが原因で友達との関係も悪くなりました。

 けれど、たくさんの人がこんな僕のために親身になって話を聞いてくれたり、学校になかなか来ない自分を家まで迎えに来てくれたりといろいろな手を差し伸べてくれました。
 その中で自分自身の考えも少しずつ変わっていき、もうこれ以上迷惑をかけてはいけないと思い、この悪い癖は克服することができました。あれほどズル休みをしていた僕も今は毎日遅刻をすることもなく学校に通っています。

 3年生になって僕に驚くべきある朗報が入ってきました。
 それはこんな僕がクラス委員の一人に選ばれたことです。初めは先生の冗談だと思いました。
つい最近まで自分のことすらちゃんと出来なかった僕なのです。そんな自分にクラスのために何かできることなどあるのかと思ったし、とても不安でした。

 でも一度任されたことはちゃんと最後まで、全力でやりとげようと思いなおしいろいろな活動を積極的に行いました。

 その甲斐もあり我がクラスにも大きな変化が現れました。それはいつも中間や期末試験などの時にはクラスの平均点が高級部の下位だったのに、1学期末試験ではなんと2位だったのです。

 僕はとても嬉しかったし、クラス委員としてのやりがいを感じ、自信が身についてきました。

 それに試験だけではなく、運動会のクラス対抗競技でも練習の時はいつも失敗ばかりしていたのに、本番ではみんなが一致団結して見事優勝することができました。

 こういう経験を積み重ねていく中で僕は、今までの学生生活ではあまり関心を持てなかった「自分のクラス」が大好きになりました。今では自分にとってはなくてはならない、かけがえのない最高の宝物を手にしたと思っています。

 僕は生まれて初めて、一人では決して味わえない喜び、達成感をみんなで分かち合えたことがとても嬉しかったし、大切な大切な経験をすることができました。

 だから今は毎日の生活がとても充実しています。

 でも近頃ニュースでは僕らのような若い世代の自殺や殺人事件などやりきれない報道を毎日のように目にします。僕はそのニュースを見ながら、なぜそんなことになるのか?とよく考えるようになりました。
 いろいろな理由はあると思いますが、大きな原因として、そのようなことになるまでに親身になって相談に乗ってくれる仲間や大人がいなかったからだと僕はかんがえます。悩みがあったら誰にでもいいから相談することが出来たならこんなことにはならなかったかもしれない、ひとりで抱え込んでも何の解決にもならない。それは他でもない自分自身の経験からそのように思うのです。

 いろんなことに悩み、目標を失って生活していた僕をここまで引っ張ってくれたのは、周りの人たちでした。そして辛いことも楽しいことも一緒に分かち合う仲間に恵まれたことで、僕は本当に人生を大事に過ごそうと思えるようになりました。

 朝鮮語で友達など親しい人に「元気?」ということを「アンニョン」と言います。
 学校に行けばみんなが「アンニョン」と声をかけてくれます。もちろん僕もいろんな友達にそういいます。なにげない挨拶ですが、僕にとっては人とのつながり、仲間を思いやる気持ちを思い出させてくれる大切な言葉です。

 だから子どもも大人も勉強や、仕事、家事などで忙しい世の中ですが、ちょっとだけ立ち止まって視野を広げてみれば、きっと今の自分に足りない部分や新しい発見に気付くことは出来るはずです。隣にいる誰かに「元気?」と一言声を掛けるだけで何かが変わるかもしれません。

 そしてどんなに困難なことがあっても、最後まであきらめずに精一杯やることで必ずなにかしら得るものがあると思います。日本の学校に比べれば生徒数も少なく、設備も立派だとも言えない学校ですが、僕はそのことを朝鮮学校で学ぶことが出来ました。

 ここには本当の仲間がいる、

 その思いが僕を強くしてくれたと思います。
 僕には高校を卒業したら大学に進学し、もっともっといろんなことを学びたいという夢があります。しかし家庭の事情がありその夢をかなえるためにはたくさんの困難を乗り越えなければなりません。

 でももし、就職という道しかなくなったとしても、自分がこの学校生活の中で得たたくさんの事を胸に自分の人生を最後まで堂々と誇りを持って全力で生きていきたいと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

以上です。

感想、激励のコメントがあればドシドシお願いします。

当日、アトラクションで中高声楽部と高級部舞踊部が出演しました。
EPSON002.jpg
EPSON003.jpg
大好評でした。
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。