スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言語礼節

最近「朝鮮民族の伝統的礼儀について」を読んでいます。
TS3C0820.jpg

今、右を見ても左を見ても「言葉」が乱れている(と、感じる)
言葉を略したり、変なイントネーションでしゃべる。

校長室にいると聞こえてくる最近の生徒たちの言葉遣い。
やはり「この社会」の影響を受けているみたいだ。
朝鮮語も略してしまう。

言葉が味気ない。

しかし、よくよく考えてみると、
私たち大人も表現は違っても、よく似た事をしているかもしれません。

皆さん、忙しいときの言葉遣いはどうですか?
何かを質問されても「はい、はい」と流してないですか?
目上に対する言葉遣い、新人に対する言葉遣いは?

日本のことわざにもある「親しき仲にも礼儀あり」

これは大切だと思います。

この本の中に出てくる文章の一部を紹介します。

・・・ことばは「ひと」である。
ひとの思想感情と気好と趣味は全てことばを通じて表現され、
その人の職業と知識程度、文化道徳水準も
ことばにそのまま表れる・・・

最近、この本を読んでいて、ふと周りそじて自分を客観的に見てしまいました。
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。