スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「民族教育連帯基金」を伝達

先月の6月11日(木) 広島朝鮮学園に「民族教育の未来を考える・ネットワーク広島」関係者(代表 横間洋海氏)3名が、「民族教育連帯基金」を持って学園を訪問されました。
P6110194_convert_20090715163853.jpg

昨年にひき続き第2回目。

昨年は、学園園児・児童たちの通学バス購入資金の一部に運用。
今年は、IT教育のためのパーソナルコンピュータ購入(10台前後)に運用する予定です。

本当にありがたいお話です。

ネットワーク広島の横間代表は「民族学校の子どもたちのためにと、賛同団体、個人からご協力いただいた連帯基金です。政治経済的に厳しい時期ではありますが共に頑張りましょう。」と激励の言葉を添えて「連帯基金」を学校長に伝達されました。

私も、昨年に引き続き今年もご協力いただいたことに心より感謝し、学園教職員も子どもたちの未来のために頑張っていくことをお礼の言葉としました。

<追伸>
「民族教育の未来を考える・ネットワーク広島」2009年度総会は9月12日(土)に予定されている。
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。