スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質の向上

今日、初級部6学年の担任-李圭学先生の国語(朝鮮語)授業の研究授業があった。教材は「7.奇跡の人(女性)」(外国作品)
校種,分科では度々行っていたが久しぶりに初中高全教員が集まっての研究授業は真剣そのものであった。それを和ましてくれたのが6学年生徒たちの「反応」であった。勿論,生徒の反応は授業スケジュール通りに計算できず・・・その反応と対応を見るのもこれもまた研究授業の「楽しみ(勉強)」である。
大勢の教師たちが参加した中,少々緊張気味ではあったがその授業はポイントを得ていて上々であったと思う。(若干いつものペースではなかったかな~?)
マンネリ化になりやすい授業の中でこのような研究授業はお互い刺激を受け自分を見つめなおす良い機会である。
李先生,6学年の生徒たち,ご苦労様でした。
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。