スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河津聖恵先生のブログより

河津聖恵先生のブログより
昨日、11月16日の記事を引用させていただきます。

**************************

彼らの声を聴いてください2

 朝鮮学校の生徒たちの言葉を読むと、私は涙がでるのです。けれどそれは、くやしかったり、悲しかったりする時のいつもの涙とはちがうようです。こちらをまっすぐにみつめる言葉の透明なまなざしが、私の琴線を射るのです。 そして眼からおのづと涙がこぼれるのですが、それはまなざしに応える、いわば応答としての涙です。これは、もしかしたら朴さんや李さんが素晴らしい日本人の話をしたときにこぼした、あの雪解け水のような涙と、同じ透明度を持つものかもしれません。
 昨日にひきつづき、広島朝鮮高級学校生の作品です。みんな45分の授業の中で書いてくれました。

**************************

河津聖恵先生のブログ時空間で本校生徒の作品を紹介していただいてます。

http://reliance.blog.eonet.jp/default/
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。