スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウリハッキョ

今年も中央芸術競演大会が11月4~5日、盛大に開催。

芸術サークルの生徒たち365日この日のために頑張ってきた。
その過程には目に見えないところでの葛藤や壁、山あり谷ありの日常があった。

ここで私とて軽々しく書くことは出来ない。

そして、クラブを指導する先生や講師の先生たち。
何よりも保護者の応援。

これが全て合ってこそ(または有ってこそ)の賜物である。

中央芸術競演大会に参加してみて今一度民族教育の素晴らしさを感動の中感じました。
朝鮮学校に通う児童生徒はけして多くはないけれど、これだけの水準と芸術性と感性を兼ね備えた子どもたちは民族教育の現場でしか育たないであろうと強く思った。

そしてこの中から同胞社会は勿論のこと日本社会に貢献し世界に羽ばたくアーチストたちが育っていく。
実際本校卒業生を見てもそれは断言できる。

素晴らしい生徒たちを
素晴らしい先生、講師の先生たちが教え
共に作り上げていく作品。

世間で今、朝鮮学校について色々言われる方がおられるみたいですが

その方たちに問いたい。

一度でも子どもたちの姿を見られましたか?

見られたのであれば、今一度問います。
「本当に見られましたか?」(子どもたちの何を見られたのですか?)
・・・

この子達の365日の汗と涙をわかりますか?
先生、講師たちが全てをかけた365日をわかりますか?
朝鮮学校の教職員がどのような状況・環境の中で歯をくいしばってがんばっているか
わかりますか?

私たちの365日、それを否定されるのですか?

少し力が入ってしまいました。
ミアナムミダ

・・・戻って・・・

この様な教育現場で仕事を出来ることを幸せに思います。

私たちは普段、朝鮮学校と言わない。
「ウリハッキョ」と呼ぶ・

「ウリハッキョ」(私たちの学校)
本当の意味を知ってほしい。

「ウリ」(私たち)の意味を・・・

ウリハッキョの芸術サークルの生徒たち
教職員のみなさん
そして何よりも力強い保護者の皆様
本当にご苦労さまでした。

カムサハムミダ。
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

オンニョ  

広島の学生達が2種目も優秀作品に選ばれ発表している様子を新報とインターネット通じて拝見いたしました。大変うれしく思いました。本当にウリハッキョの学生達は全国共通ー頑張りやさんばかりです。この次世代の為2世ももっと頑張らねばといつも思っています。私たちが今日をせいっぱい生きるのは次世代の為なのですから。一度きりの人生、私たちにはまだまだできることがいっぱいありますね。一歩一歩前進しましょう。とりあえず21日、力をあわせて頑張りましょう。学生達に会えるのがとても楽しみです。

2010/11/19 (Fri) 14:08 | EDIT | REPLY |   

原っ葉  

21日は参加させてもらいます。
よろしくお願い致します。

2010/11/20 (Sat) 22:17 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。