スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「朝鮮学校無償化除外反対アンソロジー」東京朗読会より

朝日新聞朝刊27面(京都版)
朝鮮学校等しく認めて 無償化除外反対 詩に反響

高校の授業料を無償化する日本政府の施策から朝鮮学校を除外しないよう求めるため、詩人や高校生ら約100人が寄稿して出版された詩集が反響を呼んでいる。増刷したが、すぐに完売。詩集に収められた詩の朗読会が各地で開かれており、無償化実現を求める声を後押ししている。(竹野内崇宏)

詩集は「朝鮮学校無償化除外反対アンソロジー」(千円)。H氏賞受賞詩人の河津聖恵さん(49)=左京区=らの呼びかけで、79人の詩人や作家らが詩や短歌、俳句を寄せた。父親の会社で朝鮮半島の人々を雇っていた作家・辻井喬さんが差別の愚かさを訴える詩「オモニよ」を寄せたほか、別冊の小冊子には、京都朝鮮中高級学校(左京区)の生徒16人が自ら作った詩も収められた。

今年8月に自費出版された際に800部を印刷したが、予約段階で売り切れ、9月に増刷した千部も完売した。10月中旬の参院決算委員会では、朝鮮学校を除外することに反対する社民党副党首の又市征治参院議員が、菅直人首相への質問の際に、詩集に収められた詩の一つを引用した。

高校授業料を無償化する政府の施策は4月に始まり、朝鮮学校については当初、適用が先送りされていた。政府は11月上旬に無償化適用の可否を判断する手続きに入ったが、同月下旬、北朝鮮が韓国領を砲撃したことを受け、この手続きを停止させた。

この間、詩の内容に共感する声が広がった。先月、広島や京都の朝鮮学校で、高校生が、自作の詩の朗読会を開催。今月5日には、東京の朝鮮学校の支援グループから河津さんが招かれ、詩を披露した。

12日には、東京都新宿区で辻井さんら詩人ら16人が、詩の朗読会を開き、約150人が参加した。比較文化学者の四方田大彦さん(57)が、韓国語で「母国の言葉を学ぶことは、等しく無償であるべきだ」と訴えた。

「私たちにあるものは ないはずの差別である 私たちにないものは あるはずの権利である」。又市議員が引用した詩を作った高校3年生の安眠葉(アンミニョ)さん(18)は「日本人と変わらない高校生として生きていると社会から認めてもらいたい」という。

在日2世で、ハングル詩のサークルで創作活動を続けてきた許玉汝(ホオンニョ)さん(62)=大阪市東成区=は初めて日本語で詩を書いた。「決して誰も奪えない ウリハッキョ(私たちの学校) 心のふるさとを!」。「日本人の心に訴えかけるため、日本語で詩を作らないといけないと思った」と話す。

河津さんは「詩集を通して痛みを共感する輪がつながっていると感じる。まだ問題は解決されていないが、無償化問題に目を背けている人にも語りかけたい」と話す。


河津聖恵さんのブログ「詩空間」より引用
http://reliance.blog.eonet.jp/default/
関連記事
スポンサーサイト

- 3 Comments

原っ葉  

広島で行われた朗読会に参加させてもらってから、
身近な仲間と話合いました。
中でもNHK広島のデレクターはDVDを送ってくれました。
直接高校無償化とは関係ありませんが、学園とのつながりに、
大きな勇気をもらいました。今度、お持ちします。
そして、吉楽デレクターのコメントを一部分コピーします。
     ***************
お元気ですか?DVDが届いたようで何よりです。
3週間の韓国でのロケ、過酷でしたがとても楽しかったです。
良い出会いにも恵まれました。

朝鮮学校は、私も今回の取材を通して
初めて中に入りましたし
学校の中を知ることが出来ました。
学生さんたちは全く変わりなく、
なぜ高校の無償化や、朝鮮半島で何かある度にとばっちりを受けるのか
本当にかわいそうです。

その分、舞踊などで楽しく親交を深められるのは素敵なことですね。
寿老園にも、折りを見て足を運んでみようかと思いました。
本当にすぐ近くですね!
    ***************

みなさん応援しています。

2010/12/15 (Wed) 09:25 | EDIT | REPLY |   

オンニョ  

広島から始まった朗読会は京都、大阪を経て東京で大きく花開きました。勿論まだ無償化が実現したわけではありませんがこの間どれほど多くの良識ある日本の方々と巡り会い心通わせ、又名前すら知らなかった他地方の同胞同士が勇気を分け合った事でしょう。2010年という節目の年が私たちに大きな試練を与えたけれど日本政府は試練の中で繋がれた人間同士の心がどんなに強いものかをまだ知らないことでしょう。広島の皆さん。コマッスムニダ。これから冬本番です。お互い健康には充分気をつけてお正月はラグビーの応援に大阪花園に必ずいらしてください。きっと元気をくれるはずです。元旦の日、ラグビー場でお会いしましょう!オンニョ

2010/12/16 (Thu) 13:55 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2012/02/19 (Sun) 00:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。