スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松茸酒&葡萄酒

 我が家に2本のお酒があります。

 一本はピョンヤンの親友からの贈り物「松茸酒」 

         101010_194540.jpg

 もう一本はテグの親戚からの贈り物「葡萄酒」

         101010_195004.jpg

 次に2本並べてみる。

         101010_194725.jpg101010_195023.jpg

そして、それ(2本のお酒)を前にして何故か一人で喜ぶ私がいます。 

(注:お酒を飲めるから喜んでいるわけではありません。誤解の無いように…)

 多分、日本国内では店頭販売していないと思います。

 偶然ではありますが2本とも同じ時期にいただいたお酒でした。
 私が酒をほとんど飲めないのを知りながら故郷の親戚(南)と共和国の親友(北)は「酒」を贈ってくれました。

 2本を前に色々想像します・・・

 松茸と葡萄、滋養強壮のためにありがたく飲む、いやいや一つのコップに2本の酒を入れ「統一酒」を造る?
 待て、朝鮮が一つになったその日に統一を祝いみんなで一気に飲む!

 少し大げさですか?
 皆さんならこの2本のお酒をどうされますか?

関連記事
スポンサーサイト

- 1 Comments

オンニョ  

ブログを読んで懐かしい思い出に浸りました。

6・15南北共同宣言が発表され南北交流が始まった頃の2003年に南の演劇祭から招待を受け公州で故国での始めての舞台に立ちました。

その時の演劇の題名が<ハナアリラン>だったのですがその演劇の始まりが北の酒と南の酒を混ぜて統一酒を作りCM会社のプロヂューサ(私)が酒の名前を決めるため部下達を叱咤する場面からはじまります。

話せば長くなるのでこのぐらいにしますがバタバタしていてすっかり忘れていたあの日の感動、南同胞達の暖かい拍手を思い出し胸が熱くなりました。

2010/12/17 (Fri) 10:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。