スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
あおぞら  ←あおぞら 【--年--月】の更新記事一覧 →井戸の中の蛙  井戸の中の蛙
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

一通の電話

一通の電話

私は、このページで、常日頃見ている学園の様子(園児・児童・生徒たち、そして現場で頑張っている教職員の生の姿、保護者・同胞の熱き心)を語りたく「校長のひとり言」を職権?を利用し(問題発言ですね)ブログリンクしています。
何処も同じく、本学園にも春夏秋冬・喜怒哀楽があり、そして日常があり「平常」があります。しかし・・・
昨日から児童・生徒たち集団登下校が始まりました。
色々厳しい情勢の中「平常」が無くなり「当たり前」が当たり前に出来ない状況。(変な言葉になりましたが…)
教職員総動員で児童生徒の安全な通学、学校生活を保障するため1日数回通学指導を行っています。授業、準備、各種生徒指導、60周年記念行事の準備、生徒募集活動など、先生たちの精神的、肉体的負担も大きく圧し掛かってきます。
そのような時(今日の夕方)一通の電話が。偶然ですが私が受けました。この時期の電話なので少し構えて電話を受けました。
ところが、私の心配は瞬時に吹っ飛びました。広島市内に住んでおられる女性で、丁寧な口調そして大変落ち着いた感じの方でした。
情勢が不安定な中、学園に通う子どもたちが心配です、何も無いですか?大変でしょうが頑張ってください!と…
電話で気兼ねなくお話ができ、また初めて話す人とは思えないぐらい話が弾みました。私たちの実情もよくご存知で他県の民族学校についても心配されておられました。
本当に暖かい激励のお言葉をいただきました。
電話を受け、感激のあまり自己紹介するのを忘れてしまいました。このブログを通じてお詫び申し上げます。
11月12日に広島民族教育実施60周年記念行事を行います。是非、遊びに来てください。
「一通の電話」、どれほど私たちを勇気付けてくださったか…心より感謝します。
みんなで頑張ります!
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
         
あおぞら  ←あおぞら 【2006年10月】の更新記事一覧 →井戸の中の蛙  井戸の中の蛙
 

~ Comment ~

ありがとうございます

コメントに書き込んでいいものかどうか少し迷ったのですが、電話の主でございます。
電話に出てくださった方が、まさか校長先生であられたとは…今頃になって緊張してみたり…。
ブログを拝見させて頂きまして、慌てました。すみません、ついつい心配が先にたち、思ったままにお電話をしました。
【広島民族教育実施60周年記念行事】早速カレンダーに印を付けました、誰でも自由に遊びに行けますのでしょうか?

政治の事から色々とコメントを書きかけていたのですが、昨日から、何を文字にしたところで私が書いても、読み直すほど
薄っぺらく感じ書いては消しの繰り返しで、結局向き合っている方々へ、想像だけで語れる言葉など無いのだと思いました。

子供達の教育や生活や安全や健康などを願うのは、教育現場も家庭も皆、人として思いは同じです。当然の事だと思うのです。
ですが一部の心無い人間が情けないことをしているという事実などが、悲しくて悔しくてやりきれないのですね。
今の日本人が忘れつつある大切なものを、皆さんはしっかりとお持ちだと思います。それは相手を敬う心や家族愛などです。
大切にして欲しいです、人間だからこその宝物だと思いますから。そういう人間らしい心の持ち主が
この小さな島国である日本に溢れることを願ってやみません。
普段国籍など気にしてはないのですが(当然ですが人と人としての関わりですから)こういう事がある度に情けなくなるのです。何でよ?と。
明石家さんまさんでしたか、朝目覚めたら丸儲け?とか言われてますよね。あれって本当にそうだなぁと思います。
病気や事故や犯罪…人って明日絶対に生きている保証などないのだと考えます、今日は今日をお互いに頑張りましょう。
今日を誠実に生きていきましょう。後ろめたい人生でなければ自分に胸を張れるじゃないかと、そう思うのです。

ですが、一つだけ今回の制裁について書きたい事があります。友人達は口を揃えて在日の北朝鮮の人達が可哀相じゃと言ってました。
あれこれと書くと問題になってご迷惑をおかけしてもいけませんので、これだけの言葉ですが、これは事実です。
色んな意味合いでなかなか本音で書けなくて、解りにくい文章かもしれませんがご容赦ください。(取り上げたい輩もいるでしょうから)
応援している日本人もたくさんいる事だけはどうぞご理解くださいませ。(「応援している日本人も」こういう表現も本当は嫌いなのですけどね)
みんなこの世に生まれた生かされている同じ命なのですけどね…。明日も元気でいきましょう♪


私も同感です

広島のtakiと申します。私は数年前に、広島市留学生会館の和楽器バンドのコンサートで、貴校の「カヤグム」のクラブの皆様に大変お世話になりました。その後ご無沙汰しておりますが、校長先生がお元気な様子で何よりです。ラ先生もお元気でしょうか? とても気さくで素敵な先生でしたね。当時の生徒さんのすばらしい演奏、今も心に残っています。いつかまた音楽活動でご一緒できればと思っております。それまでどうか、お変わり無く健康に過ごされますよう、お祈りしています。

YKさん、takiさん、ありがとうございます。
感激です!
YKさん、takiさん、是非、60周年記念行事に遊びに来てください。
特に、当日11:00からの芸術公演は、幼稚園~高校までの全校生徒・園児たち、そして、芸術サークル総出演の音楽舞踊構成詩で、見ごたえがあると思います。
午後からは、舞台を運動場へと移動し「野外ステージ」でのイベントを行います。
本校児童生徒は勿論、在日の方、地域の方を交えての「ミニ国際交流イベント」を準備しています。歌や、メッセージ、バトン、ミニ演奏など只今、出演交渉中・・・(takiさん、何方かボランティアで出演お願いできる方、紹介して頂けますでしょうか)
突然、失礼いたしました。とにかく11月12日の思いが先走り、PCのキーボードの上を指先が勝手に走ってしまいました。
11月12日に向かって今、生徒たち練習に励んでいます。
YKさん、takiさんの「熱い思い」を全学園に必ず伝えます。
お礼の挨拶をかねて。

あたってみます

校長先生ありがとうございます。きっと今、記念行事のご準備で大変なんでしょうね。午後からのステージにボランティアで出られそうな方、何人かあたってみます。ご盛会をお祈りします!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。