スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介「すりリンゴ」

作品の紹介です。
孫との会話の中で所々大阪弁が・・・
なかなかいい味が出ています。
世代を超え、世代を受け継ぎこの地に生きる
素朴ながら力を感じます。

私たちは今、先代から何を受け継ぎ、
また何を次の世代に残そうとしているのでしょうか?
「すりリンゴ」
心温まる作品です。



  すりリンゴ

          許 玉 汝

ウリ幼稚園から緊急電話
ユナが熱を出した

38度だという
呼び出しは初めて

手を繋ぎながら歩くと
確かに手のひらが熱い

<ユナ熱やからお当番さん
代わってくれてん>

人の心配している、ビックリ!
ユナはまだ幼稚園児でしょ?

とにかく寝かせる
お話二つだけの約束

白雪姫とシンデレラの話したら
<おんなじ話やなー>と言う

また ビックリ!
そんなこと考えた事なかった

2時間後 熱を測ると
ななんと38度8分!

氷枕に変え
すりリンゴを食べさせた

<オンマも 熱出たらいつも
すりリンゴ作ってくれんねん>

そうだったね ハンメも
ハンメのオンマもそうだった

一日中 傘を作っていた母が
熱が出た時だけ すりリンゴ作ってくれた

母から娘へ 娘から孫へ
繋ぎ繋がれた すりリンゴ

ちょっと茶色くなって
甘酢っぱい すりリンゴ
どんな薬より効く妙薬!

熱が下がったユナ
<ハンメ 
すりリンゴのお陰やなぁ>

甘酢っぱい思い出が
胸いっぱい 広がった 
関連記事
スポンサーサイト

- 1 Comments

オンニョ  

ひとり言さま。いつもブログの更新ご苦労様でした。つたない詩を何度も掲載してくださり本当にコマッスムニダ。発表の場が出来て私は大変嬉しかったです。寒さが急に厳しくなってまいりました。どうぞ御自愛下さいませ。良いお年を!

2010/12/31 (Fri) 17:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。