スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国に花咲く民族教育

今日、2月27日(日) 瀬戸内海しまなみ海道をわたり四国朝鮮初中級学校学芸会に行ってきました。

前日から初級部のチャン・グァンオク教務主任と中級部舞踊部指導教員のリ・ミファ先生、そして合同群舞出演の中級部舞踊部4名が松山入りしました。

私は、中2の担任リャン・ジェヒョン先生と中級部生徒5人、リ・ギョンスン顧問と共に今朝出発しました。

110227_104701.jpg 110227_161852.jpg 110227_110343.jpg

天気もよくスムーズに瀬戸内海の大小島々を渡り一路松山へと。

車中生徒たちは歌を歌ったり中央口演大会のVTRを見たりワイワイガヤガヤと・・・
無邪気な生徒たちを乗せて、ワゴン車もしまなみ海道をすべるように、軽快に走りました。

110227_104622.jpg

四国の学芸会は2年に1度、今年がその年にあたります。

110227_131422.jpg

今年の四国の学芸会には広島の中級部の舞踊部が友情出演。
今年度中央芸術競演大会中級部群舞部門に広島・四国合同群舞で出演し金賞を受賞した演目を披露。

110227_132144.jpg 朝鮮の民俗舞踊「鳳仙花の花あそび」


110227_133951.jpg 110227_135214.jpg 110227_142132.jpg

110227_143023.jpg 110227_144032.jpg

全校生徒29名。

元気いっぱいの舞台を見ながら感動感動の連続でした。

厳しい状況とはいえ色々な意味で広島も
もっと頑張らなければ・・・

110227_145903.jpg

学芸会後、四国朝鮮初中級学校の関係者、職員との立ち話で、
「財政的、人的にまだまだ厳しく、時々この現状をどうすればいいのか分からなくなる。しかし今日の学芸会を見て初中級部全員で29名しかいないが本当に元気と力を貰った。弱音を吐いたらいけない、頑張ろうと思った。」と熱く語っていた。

110227_150900.jpg

また、ロビーで徳山の同胞(以前本校の保護者)と久しぶりに会った。

その保護者は目頭を押さえながら数年前、徳山朝鮮初中級学校が休校になり寂しい思いをしていたところ今日、機会があり学芸会を見たが、その水準の高さと、児童生徒たちの「のびのび育っている姿」に感動と感激で胸が詰まったと語っておられました。

民族教育は勿論、在日の子どもたちに民族の言葉と歴史を教える学び舎でもあるが
それ以前に「人間教育」だと今一度思った。

最近のニュースで校内暴力が依然と減少せず家庭内でも理解不可能な問題や事件が連日報道されている中

この「空間(民族教育)」では考えられないことだ。

色んなことを教えてくれた「四国の学芸会」
自分の立ち位置を見つめ直すいい契機になりました。

岡山初中のキム・ファスク先生とチュ・ミョンホ先生も来ていました。

学校関係者のみなさん、そして四国の保護者・同胞の皆さん、本当にご苦労様でした。
学芸会の場で久しぶりに会った多くの卒業生たち、みんなに会えて嬉しかった。

これからも応援宜しくお願いします。
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

オンニョ  

先生のブログのおかげで四国のウリハッキョの子ども達の学芸会の様子初めて見ることが出来ました。私も先週孫たちの通う中大阪初級の学芸会見に行き感動感動、涙涙でした。こちらも大変人数が少なく教職員達は一人5人分の仕事をしても給与さえままなりません。でも会場いっぱいに広がる素晴らしい歌声は決して失くしてはならないものがなんなのかをしっかり教えてくれました。先生が好き、ウリハッキョが好き、アッパ、オンマが好きと子ども達は天真爛漫に歌い、踊り、ウリマルで語りました。こんな素晴らしい光景を見れるのは日本全国何処を捜してもウリハッキョのあるところだけです。この宝石のようにキラキラ光るウリハッキョをみんなの力で守りもっともっと輝かせていきましょう!

2011/02/28 (Mon) 09:00 | EDIT | REPLY |   

原っ葉  

橋を渡って

2月27日(日) 四国朝鮮初中級学校学芸会に行かれたんですね。
舞踊部の皆さんとは特に顔なじみにさせてもらっていますので、
親しみを感じ自分の事のように嬉しく思いました。
つい、練習場の風景が思い出されます。
これからも日々精進されて仲良く活動して下さい。

2011/02/28 (Mon) 10:10 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。