スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

すこやかな子を育てる20の提言

昨今、マスコミ報道を見ながらつくづく複雑な世の中になってきたなと思いつつ、自分の足元を見つめ直す今日この頃です。
最近、20年前に発行された本「問題児は問題の親がつくる-すこやかな子を育てる20の提言」(著者:相部和男)を読みました。
読み終えて考えさせられることが多かったので少し紹介します。
親として、教員として・・・

1 明るくユーモアのあふれた家庭を
2 教育は一粒の米から
3 しつけは型にはめないこと
4 教育に交換条件は出さないこと
5 甘やかしは絶対禁物
6 子どもの個性を尊重しよう
7 劣等感を植えつけないこと
8 適応性のある子に育てよう
9 教える親から学ぶ親へ
10 子どもの友達を大事にしよう
11 鍵っ子も扱い方で健全に育つ
12 計画性のある子に育てよう
13 子どもの心理発達の段階に応じたしつけが肝心
14 セックスを正しく理解しよう
15 責任感を持つ子どもに
16 目標に向かって頑張れる子どもに育てよう
17 オアシス運動はまず家庭から
18 老人を大事にする心を育てよう
19 “待つ”ことのできる親になろう
20 感謝の心を育てよう
(勿論、本には、ひとつひとつ説明があります)

「オアシス」とは
はようございます
りがとうございます
つれいしました
みませんでした
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。