スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世の中を変える時間‐15分」より「わたしたちは、なぜ朝鮮学校を支援しなければならないのか?」

ドキュメンタリー映画「ウリハッキョ」のキム・ミョンジュン監督が「세상을 바꾸는 시간 15분(世の中を変える時間‐15分)」と言う番組で語った15分間のお話を紹介します。

3.11東日本大震災当時の東北朝鮮初中級学校の様子や監督自身の心情を
自然体で語っています。

15分間のテーマ(タイトル)は「私たちは、なぜ朝鮮学校を支援しなければならないのか?」


http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=cvdY28Jbero#at=490


当然のことながらウリマル(朝鮮語)です。

私もこの映像(東北の現状報告を聞きながら)見ながら今一度目頭が熱くなりました。

関連記事
スポンサーサイト

- 1 Comments

オンニョ  

NoTitle

先生、東北に行ってまいりました。校舎は無残で取り壊しが決まりましたが子供達の天真爛漫な姿、先生方、同胞の皆さんの明るい笑顔にこちらが元気をもらって帰って参りました。一時的なものではなく末永い支援が必要だと思いました。2学期には新潟に行こうと思っています。東北の朗読会には福島ハッキョの方がお見えでしたが是非新潟に来て公演して欲しいと仰っていました。それで無くとも行こうと思っていただけにもっと行こうという気持ちが固まりました。

2011/07/13 (Wed) 13:32 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。