スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

作品紹介 ふるさとを思う 許玉汝(バイリンガル)

作品紹介 ふるさとを思う 許玉汝(バイリンガル)

久しぶりの作品紹介です。
ホ・オンニョ先生の新作
「ふるさとを思う」です。
日本語と朝鮮語(ハングル)で書かれた作品です。

*****************************************************

ふるさとを想う

            許 玉 汝

30年前
父が この世を去った日
病室の 枕の下から出てきた 封筒の束

見舞客が置いていった 大切な封筒
一つ残さず 貯めていた アボジ
故郷で眠りたいと願ってた アボジ

封筒を手に 涙ながら オモニは云った
行かせてあげよう ふるさとに
どれほど帰りたかっただろう ふるさとに

親不孝者と 後ろ指さされながら
父を見送った時でさえ 分からなかった
魂になってまで 何故に故郷を探すのかと

歳月は流れ いつしか還暦がすぎ
孫を持つ年になり やっと気付いた
ふるさと想う アボジオモニの心の内を
 
住所さえ知るすべがなかった 私の出生地
心優しい人々が 真心で探してくれた生地を
この年になって 初めて訪ねた 夢のように

陣痛に耐えかねて やむなく母が降りた駅
身寄りもなく さまよっていた 私たちを
家族のように見守ってくれた 碇ヶ関の人々

消え入りそうな私の命を 燈してくれた地
たとえ 先祖代々の 墓はなくとも
私の故郷と 呼ばずにはいられぬ 碇ヶ関

見知らぬ土地なのに こみあげる懐かしさ
紫陽花眩しい三笠山 滔々と流れる平川
オモニの姿と重なりし 美しい山よ、川よ

昔も今もとめどなく流れる 白沢の水音が
母のせなで聞いた やさしい子守唄となり
私の胸を 恋しさに 震わせた

人生の出発点に立ち 私は心底思った
生まれ故郷、心の故郷、父母の故郷
その全てが 大切な我がふるさとだと

二度と二度と 奪われはしまい
代々 守りぬかねばならぬ 心の根よ
62年の歳月を経て 凛とこの地に立つ



고향에 대한 생각         
    
허 옥 녀

30년전
아버지가 세상 떠나신 날
병실 베개밑에서 나온 봉투뭉치 

죽어서도 고향땅에 묻어달라 하셨건만
손님들 두고간 위문금 모아둔 아버지
오죽 가고팠으면 려비를 두고가셨을가

불효자식이라 손가락질 당하며 
아버님 홀로 고향 보낼 때도 몰랐지
혼 되여도 고향 찾는 부모님 심정을

세월은 흘러흘러 어언 서른여해 
주소도 알길 없던 태여난 고장 찾아
내 겨우 알았구나 고향이 그 무언지   

살길 찾아 헤매던 동북땅 아오모리
진통으로 신음하던 어머니를 살려주고
초불같은 내 목숨 건져준 고마운 땅

처음 찾아간 땅이여도 낯설지 않아
끝없이 펼쳐진 들판이여 사과밭이여
부모님모습 떠올려준 그리운 산천이여 

옛모습대로 남았다는 샘터의 물소리가   
엄마 등에서 들은 자장가와 화음되여  
사무치는 그리움이 눈물나게 하였네

정녕 고향은 그리운 사람들의 모습
비록 조상님 뼈 묻힌 땅은 아니여도
어찌 내 고향이라 부르지 않으리

생의 출발점에 서서 다시 생각했나니
태여난 곳,키워준 곳,조상님의 땅
나에겐 그 모두 소중한 고향이라고

다시는 다시는 빼앗기지 않으리라
대를 이어 지켜갈 마음의 뿌리여
내 이땅에서 가슴 펴고 살아가리

関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。