スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
  • Edit
  • TB(-)|
  • CO(-) 
 
 

「我が家の이야기」 劇団タルオルム 第六回公演

「我が家の이야기」 劇団タルオルム 第六回公演

昨日、許玉汝先生から劇団タルオルムの第六回公演「我が家の이야기(イヤギ)」のDVDをいただきました。

我が家

今日は久しぶりに家でゆっくり…(本当に久しぶり)
早速昨日いただいたDVDの鑑賞。

昔は、よく演劇や歌劇、ミュージカルなどを見に行ったものでした。
今は、ほとんど見る機会や余裕が無い気がします。

広島ではマダン劇を見る機会も無いし、どこかの劇団が公演をしたと、なかなか聞くことができません。(私が知らないだけかも…)

在日の「我が家のはなし」、見ている人たちの多くが色々な形で体験し歩んできた「この道」そして「これからの道」

感動し、考えさせられ、元気をいただいたマダン劇でした。

一度、生で観たい。
さすが在日の大阪パワーを画面を通して感じました。

興味があり演劇の好きな方は必見です。

****************************

戦後の日本で生まれた、在日2世の女の子オギとその家族の物語。

青森の旅館の布団部屋で産み落とされた子は、北海道、東京、京都、大阪と移り住む。

家族と共に洞窟に住み、ハラボジと廃品回収をしながら、故郷の言葉を覚え学ぶ。

「あの空の向こうに故郷があるんやで」そう教えてくれたハラボジは、故郷で余生をすごしたいと帰国するのだが・・・

少女が暮らす朝鮮人集落で次々に起きる事件と、その家族の物語。


[劇団タルオルムのブログより]
関連記事
スポンサーサイト
Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。