スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3.1緊急集会での発言② 「朝鮮学校に想いをよせて」

3.1緊急集会での保護者発言②

*******************************************************************:

      「朝鮮学校に想いをよせて」(仮題)

                              김정순(金正順)

IMG_0684_convert_20120307121530.jpg


こんばんは

2000学年度から2002学年度までの間、オモニ会(母親の会)会長を務めておりました金正順です。

 私個人的なプロフィールを申しあげますと私自身も朝鮮学校で学びました。そして子ども3人も朝鮮学校へ通いこの週末(3月4日)、最後の3番目の子どもが高級部を卒業します。

 今日は3人の子どもを朝鮮学校で立派に育ててもらった感謝の気持ちを込めて政治や法律などの難しい事はよくわかりませんが何故、朝鮮学校でないとダメなのか?どうしてここで朝鮮学校にこだわるのか?今日はその想いから高校無償化問題に言及したいと思います。

 先ず私のアボジ(父)の話から始めたいと思います。

 私のアボジ金煕萬は15歳の時、勉強がしたくて日本に渡って来ました。

 しかしそれはままならず土方の受けおいで生計をたてていました。当時、高知県で生まれた私は朝鮮学校が近くにないため日本学校に通っていました。

アボジはいつも電話を受ける時「もしもし朝鮮人の金です」と言いました。

「もしもし金です」と言えばいいのに、なぜわざわざ朝鮮人の金ですと言うのやら不思議でした。

本名、金正順(キム・ジョンスン)で日本学校に通う私は名札に○金と書いているので随分からかわれました。名札を外して学校に通う私に今想えばアボジは言い聞かせてくれていたんですね。その後、小学5年から朝鮮学校へ転入した私は魚が水を得たようでした。理由はとても単純なものですが生徒がみんな朝鮮の名だったからです。

朝鮮学校では朝鮮の色々な事を教えてくれました。朝鮮人の私が何故日本で生まれたのか、民族のルーツ、根源を教えてくれました。

日本学校での国語、社会に出てくる朝鮮の事はとっても少なかったし、とても頼りない国に聞こえました。あのまま日本学校に通っていたら朝鮮を否定し、自分を否定していたと思います。

この様な自らの経験から子どもたちをみな朝鮮学校に入れました。

私は朝鮮学校を朝鮮人の子が自分のルーツを知る、そして知る機会を与える重要な場所(コミュニティー)と考えます。

自分のルーツ、根源がわかれば個人の価値観が形成されます。自分を大切に思える事が他者も大切に出来ると言う事です。人が生きていく上で一番大切だと思います。

その様な貴重な場所=朝鮮学校を政治が、国家が踏みにじってもいいものなのでしょうか?価値観が多様化される中で朝鮮学校を無償化の対象から外すという事は在日朝鮮人の子孫を根をつぶす事になるのです。この子どもたちの貴重な学びの場、朝鮮学校を無償化の対象から外してはいけません。

今年卒業する息子が生徒会の討論会で「一生を幸せに暮らしたいのであれば朝鮮学校で一生懸命勉強し子どもを朝鮮学校に送ることだ」と討論したと聞いて、家庭では一切教育していませんがアボジから私、そして息子へと同じ価値観を引き継がせてもらったのも朝鮮学校のおかげだと思っています。

本日お集まりの日本の皆さん、いつも温かく朝鮮学校を応援していただいてありがとうございます。これからもどうぞ宜しくお願いいたします。

そして保護者のみなさん、私は母性本能と息子の直感を信じて朝鮮学校で子どもを育てました。

間違いはありませんでした。

子どもは根のある自信たっぷりの子に育ったし、これは全てウリハッキョ(朝鮮学校)の先生たちのおかげではないでしょうか?

枝はゆれてもいいですが幹はしっかり立っていなくてはいけません。

幹はオモニ(母)たちです。

オモニ(母)たち、揺れてはいけません。
自分を信じウリハッキョ(私たちの学校)を信じ前を向き前進していきましょう。

本日はありがとうございました。コマッスムミダ。

(題名は本ブログ管理人が仮題でつけました)
関連記事
スポンサーサイト

- 1 Comments

オンニョ  

素晴らしい発言に感動!

「自分のルーツ、根源がわかれば個人の価値観が形成されます。自分を大切に思える事が他者も大切に出来ると言う事です。人が生きていく上で一番大切だと思います。」

「枝はゆれてもいいですが幹はしっかり立っていなくてはいけません。 オモニ(母)たち、揺れてはいけません。自分を信じウリハッキョ(私たちの学校)を信じ前を向き前進していきましょう。」

 なんと素晴らしい発言でしょう。感動いたしました。アボジから娘さんに、娘さんからお孫さんに同じ価値観が引き継がれたのはウリハッキョのおかげだと仰る金正順さん。同感です。ほとんどの集会参加者が共感し、また新たな感動を持ってウリハッキョを見直したと思います。
 
 正順さんはもとより、野樹さんの発言といい、河野さんのブログでの感想といい、広島での集会は本当に素晴らしいものになったのですね。全国の同胞たちが見習うべき集会であったと思います。コマッスムニダ!4月の初旬にそちらの地方に参ります。


2012/03/09 (Fri) 19:39 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。