スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大掃除

今日は午前中、教員・児童生徒と保護者(主にオモニたち、アボジ1名)で校内大掃除。幼稚園も大掃除の後、各教室ワックス。
新校舎竣工から11年。
年に数回、保護者との校内清掃。その度に建設当時の初心に帰ります。
生徒数も当時に比べると減少、管理意識も慢性化の傾向がチラホラ。
その度に、色んな場と機会に我に返り再認識。
昨年60周年を迎え、今年、新たな出発をした。
今日は朝から公務で、大掃除には途中から合流(ミアナムミダ、帰ったときには終わりかけていましたが…)
オモニたちと先生・生徒たち、今日はご苦労様でした。
変な表現かもしれませんが、物が溢れている世の中、「可愛い、何かしてやりたい」と言う暖かい気持ちが、本人たちが要求する前に、よかれと「物」を全て与えしまう。世の中全てがそうだとは言いませんが…そして、何か要求する前に、自然に物質的に満たされてしまう。その過程で自主性、創造性が貧困になっていくのではないでしょうか。
保護者が全てやってしまうのではなく、児童生徒たちと一緒に汗を流しながら共同作業をする。なかなか毎日が忙しい保護者のみなさんにとって半日空けるというのは厳しかったかもしれませんが本当にいい時間だったと思います。オモニたち(アボジ約1名、大切な存在でした)の頑張る後姿を子どもたちは確り目に焼け付けたと思います。
指示する人と働く人が別にいるのではなく、共同作業をする。その場を共にすること。大切なことだと思います。
今は、わからずとも大きくなったとき、必ず思い出す事でしょう。
デジタル時代だからこそアナログの価値が見直されるのです。
今、少しの不便さは明日の便利さに変わるのではないでしょうか。自ら挑む、挑もうとする気持ちを育てるということが大切かな?と思います。
今度は、親に頼らず自分で、自分たちで成し遂げようとする「気持」を子供のころから育てるのが大切じゃないかと特に最近思います。
今日、皆さんが流された汗は、子どもたちの未来の生命水になることでしょう。
保護者の皆さん、カムサハムミダ。
関連記事
スポンサーサイト

- 2 Comments

カープファン  

私は仕事で参加できませんでしたが嫁が行って来ました。
嫁いわく 役員の人がほとんどであんまり来てなかったと寂しげでした。
できるなら次回からはただの掃除ではなく愛校心を持って多くの方々が参加してもらえたらと思います。
私も次回は参加します。

2007/06/14 (Thu) 14:09 | EDIT | REPLY |   

管理人  

カープファンさんへ

ご意見ありがとうございます。
この度、保護者の方々の暖かいご協力により意義のある場にはなりましたが学校側としても、もっと考えることがあるのではないかとの総括をしました。一つの取り組みにも、事前作業ー事後作業、意義のある空間作りが必要ではないかと・・・
これからの取り組みに生かして生きたいと思います。

2007/06/14 (Thu) 14:27 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。