スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども達の声を聴く会

昨日(10月20日)、広島市東区青少年健全育成大会に来賓として参加しました。
午前10時から始まった子ども達の「発表」は12:00頃終わる。
小学生から6年生から高校2年生まで計10名の発表は学ぶことの多い「発表」でした。
家族問題、ボランティア問題、環境問題、平和問題、地域問題・・・多様な主題でした。
共通に思えたのは、子ども達自身が主体になり、その目的を達成するために四苦八苦しながら取り組み、その過程でで提起される諸々の問題を先生や保護者に「ふり」「なげる」のではなく自らが討議し解決策を模索し実践していく姿がよく反映されていました。
丁度、先週木曜日に「3年B組金八先生」が始まると聞き、食事を取りながら見ました。
なんか、しみじみ考えさせられました。
今、教育現場で主体にならなければいけないのは生徒ではないかと。
関連記事
スポンサーサイト

- 1 Comments

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2007/10/21 (Sun) 21:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。