スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

篤き先駆者たち

タイトルが何故「熱い」じゃなく「篤い」なのか?
「篤い」を辞典で調べてみるといろんな意味があるが「真心がこもっている。心が深い。」とのこと。
「熱い」は時間がたてば「冷める」(全てではないが)
しかし、在日本朝鮮広島青年商工会メンバーは「篤かった」
第8次総会参加しての感想です。
何時も、子どもたちを第一に考え、民族教育を大切にしていただきカムサです。
篤い!TS3C0391.jpg

この度引退する役員、新しい役員、お互いが心新たに旅立ち!
特に、引退する役員たちの「家族のビデオメッセージ」に心打たれ目頭が熱くなる。
子どもたちの未来のために、同胞社会のために頑張る「アボジ」の後姿を子どもたちはしっかり見ていますよ。
常に一歩前で頑張る、だから力強い後姿が子どもたちにとっては眩しく輝いて見えているのだはないでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。